環境

環境方針

株式会社ヒガシトゥエンティワンは、『安全と安心を大切に』のスローガンの下、法令ならびに社会のルールを遵守するとともに、輸送サービス事業から生ずる大気汚染、地球温暖化等の環境負荷の削減を目指し、環境保全活動を推進し、社会から一層信頼される企業を目指し、以下の基本方針を掲げています。
 
   1. 関係法令ならびに社会のルールを遵守し、環境保全に取り組みます
   2. エコドライブや廃棄物の適正処理、リサイクルを推進し、省エネルギー、省資源に努めます
   3. 環境保全に資する環境ビジネスへの取り組みを推進します
   4. 環境保全に関する従業員教育・啓発活動に努めます
   5. 本環境方針を、社内に周知徹底するとともに、社外にも公表します

エコドライブの推進

デジタルタコグラフによるモニタリングや、定期的な添乗指導等を通じて、急加速・急発進・急停止等の撲滅に努めています。環境に優しく安全な「エコドライブ」を推進することで、今後も業界全体の輸送効率化と燃料使用の低減に貢献します。

低公害車導入の推進

ヒガシ21グループは「中期経営計画2023」において、グループが保有するトラックの10%を低公害車とすることを目標として掲げており、大気汚染物質( 窒素酸化物・一酸化炭素・二酸化炭素など)の排出が少ない低公害車の導入を推進しております。
現在、グループ全体で21台の低公害車輌を導入しており、「ヒガシ21グループ低公害車推進プロジェクト」のステッカーを貼り付けて走行することで、従業員や地域に対する環境配慮の意識向上に取り組んで参ります。

エネルギー使用効率の高い物流施設の活用

ヒガシ21で使用している施設では、長寿命・省電力を実現したLED照明や環境対応型梱包容器の活用により消費電力の低減・使用資材長期活用などを進めており、こうした取組を通じ環境の負荷軽減に取り組んでいます。また、クリーンエネルギーの更なる活用を継続検討していくなど、環境負荷に配慮したエネルギー効率の良い物流施設の運営をこれからも目指していきます。

書類リサイクル・ペーパーレス化の推進

資源の持続的な利用と環境への貢献を目的に書類のリサイクル、及び会議資料等のペーパレス化を推進しています。書類のリサイクルについては、シュレッダー処理でなく、溶解処理を用いることで、焼却時に使用する燃料削減やCO2排出量の削減にも貢献しています。

事業を通じた環境問題への取組

 ≪書類リサイクル・産業廃棄物収集運搬≫
産業廃棄物の管理や機密文書リサイクル事業等、紙の再利用や適切な産業廃棄物処理を行うことで、環境負荷軽減に貢献しています。
≪ビル内デリバリーサービス≫
高層ビル内の複雑な物流を一括管理し、物流効率化を行うことで、輸送エネルギーの使用量削減や荷物の搬入待ち車輛の渋滞による排気ガスの軽減に取り組んでいます。
≪混載便の活用≫
複数の荷物を同じトラックに積み込み輸送することで、輸送に使用する車輌台数を削減し、効率の良い輸送を目指しています。車輌台数の削減により、CO2排出量の削減や交通渋滞の緩和に貢献しています。